教員紹介

国際文化学部教員コラム vol.5

2009.07.16 比較文化学科 藤原 怜子

藤原怜子の研究室紹介

クラシック音楽の中にヨーロッパの民族(俗)音楽の系譜を聞き取っていくというテーマは、
この地域の文化史ばかりでなく、政治や経済の歴史にも大いに関係があります。
最近は、「ウィーンの民衆と音楽」に関する論文をいくつか手がけていますが、
思わぬ事件が音楽史の1ページに関わっていることに、新鮮な驚きを感じます。

 

ゼミの研究テーマも、アジアであれ、南米であれ、世界史の知識なしには語れません。
地理や歴史に関心が高いことが、民族音楽学の方法論をやさしくする糸口になります。
さらに、音、響きへの鋭敏な感性と、多様な音楽ジャンルへの寛容な耳が要求されるでしょう。

(バリ島の民族舞踊)

 

音楽は楽しい、
でも、文字や言葉を通して共感に導くことは、難しいと言わざるを得ません。
多くの知的で頑張り屋の皆さんが、この研究室の歴史を築いてきたことに
感謝しています。

(バリのケチャ)

 

(比較文化学科 藤原怜子)

  • 一覧に戻る
PAGE TOP
〒236-8502 横浜市金沢区釜利谷南3-22-1 TEL:045(786)7179
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.