国際文化学部の学び
比較文化学科メインイメージ

多文化共生社会のクリエイター

グローバル化が進展する21世紀において、比較文化学科は「異文化理解」と「共生」の精神を培うことを教育目標に掲げています。自分の生まれ育った国に十分な理解と誇りを持ち、異国の文化、歴史、思想に関心を寄せ、共生について考え、異文化理解を深めていく、これが比較文化学科の教育です。日本の文化や歴史に根ざしながら、各人の関心に応じて、アジア、欧米の文化にも目を広げ、日本との交流の歴史や、相互の関係を比較する方法を学びます。

日本文化コース
日本の文学・歴史・社会・生活・思想を学び、関連する地方へ赴き、学びの理解を深めます。
東アジア文化コース
中国および朝鮮・韓国の文学・歴史・社会・生活・思想を学び、各国へ赴き、異文化理解を深め、共生の在り方を考えます。
欧米文化コース
フランス・ドイツ・イギリス・アメリカの文学・歴史・社会・生活・思想を学び、各国へ赴き、異文化理解を深め、共生の在り方を考えます。

学びの流れ

外国語教育に加えて、国内外に赴く体験学習も重視。世界の共生を考える力を身につけます。

1494908665__GUIDE BOOK 2018_2

PICK UP 科目

異文化理解入門 南米研究入門 映画と神奈川・横浜
現代は多様な文化的背景を持つ人々が共生する社会です。異文化(他者の価値観)を受け入れる姿勢が大切であり、また同時に重要なのが自分を知ることです。講義では「思考の枠組み」、「異文化に出会う驚き」、「他者理解と自己理解」など、多様な切り口から異文化理解の真の意味を問いかけていきます。 神奈川県にはブラジル系住民も数多く生活し、鎌倉や横浜には南米諸国から数多くの観光客が訪れています。「遠くて近い」南米の政治・社会・文化について幅広く学ぶ入門講座です。 横浜をはじめ、横須賀・三浦、鎌倉・湘南、西湘・箱根など、神奈川の各地域は、様々な映画作品の舞台になってきました。本学にゆかりのあるこれらの地域が、映画でどのように描かれてきたのか、また映画をきっかけにそれらの地域にどういった変化が起こったのかを、この授業では探ります。

比較文化学科のカリキュラム

共通科目

1494908665__GUIDE BOOK 2018_4

専門科目

1494908665__GUIDE BOOK 2018_5
PAGE TOP
〒236-8502 横浜市金沢区釜利谷南3-22-1 TEL:045(786)7179
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.