国際交流だより vol.4

2019.08.28 英語文化学科4年 宮脇 秦

ハワイでのサービスラーニングについて

国際交流演習ではサービスラーニングを行うために夏休みにハワイへ行き、ハワイの歴史や文化を学ばせていただく一方で、現地の高齢者施設などを訪問し施設の方々に日本の文化を紹介したり、実際に習字などを体験したりしました。その際に私達自身が日本の文化を再認識する事が出来たり、英語で伝える事の難しさを痛感したりと普段の日本での生活では経験出来ない様々なことを経験する事が出来ました。またこのプログラムでは、ハワイについて深く知ることが出来るのも魅力の1つだと思います。私達日本人にとって憧れであり、どこか親しみを感じるハワイですが、実際に私達がハワイについて知っていることはそう多くはないと思います。例えばハワイに行った際に誰もが口にする Aloha という言葉1つをとっても、ハワイの人々が込めた深い意味があります。AlohaはAloとhaにそれぞれ意味があり、Aloが共有、haが息を意味し、息を共有するという事です。これはその空間、自然、時間を共有するというハワイの人々の愛を表しています。実際にハワイの大自然の中でこの事を学び、言葉では表せないものを肌で感じることが出来ました。このハワイでのサービスラーニングは皆さんにとって間違いなく貴重な経験、時間になると思いますので、ぜひ積極的に参加してもらいたいと思います。

 
 

  • 一覧に戻る
PAGE TOP
〒236-8502 横浜市金沢区釜利谷南3-22-1 TEL:045(786)7179
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.